TOPページ > 特徴

特徴

幻の国産薄荷

岡山県産 和種ハッカ

かつて、日本から世界へ輸出されていた和種薄荷(Mentha Arvensis)は、北海道や 岡山県などで盛んに栽培されていました。
岡山県倉敷市の倉敷薄荷分場は、暖地薄荷の中心的な役割を担い、「三美」(さんび)、
「はくび」、「りょくび」、「しゅうび」が創出され、昭和40年代までは岡山県でも多く
の農家で栽培されていましたが、その後は衰退し、やがて薄荷栽培は終焉を迎えました。

現在では、日本国内で販売されているほぼ全てのハッカ油製品は、インドからの輸入品。
国内栽培のハッカ油は大変珍しく貴重です。
その貴重な国内産薄荷を使用した製品をJS-Stageでは販売いたします。

「Handy Spray 三美」は、岡山県で栽培された「三美」を使用した幻の逸品。
エステル分がほとんどなくスッキリとした印象です。
昭和29年に「三美(さんび)」と命名され、はくびとともに昭和33年に 岡山県奨励品種となった品種です。

同様に「Handy Spray はくび」は、大変貴重な岡山県産「はくび」を使用した製品。
昭和29年に「はくび(はっか農林3号)」と命名され、三美とともに昭和33年に 岡山県奨励品種となり、盛んに栽培された品種です。
エステルが豊富で、まろやかで豊潤な香りが特徴です。

国内栽培の薄荷は極々少量。加えて、製品に使用するには、得られた薄荷精油を ハッカ油にする工程が必要です。
余分なl-メントールを取り除き、さらに複数回の精製工程等々を経なければなりません。 自社での一貫生産だからできる国産ハッカ油。

希少価値の高い日本産ハッカを是非お楽しみください。

Copyright©2018 JS-Stage Inc. All Rights Reserved.